毎日健康サロン がん治療ウェブフォーラム ホーム がん治療のフロントランナー 注目のドクターたち ハイパーサーミア がん温熱治療 がん治療最前線
がん治療最前線
  ハイパーサーミア(がん温熱治療)  
   
 

  「ハイパーサーミア 最新がん治療の選択」
  
−2010年6月12日開催−
  毎日健康サロン市民公開講座「がん治療最前線」を奈良市で開催。

 
  なら100年会館
 
会場の「なら100年会館」
  大西武雄・日本ハイパーサーミア学会理事長の開会あいさつ
  大西武雄・日本ハイパーサーミア学会理事長
  眸羚臣・医療法人康仁会西の京病院理事長があいさつ
  眸羚臣・医療法人康仁会西の京病院理事長

毎日健康サロン市民公開講座「がん治療最前線」(毎日新聞大阪開発主催、日本ハイパーサーミア学会・毎日新聞社後援、医療法人康仁会西の京病院・メディカルプラザ薬師西の京協力)が6月12日、奈良市のなら100年会館で360人が参加して開かれた。テーマは「ハイパーサーミア 最新がん治療の選択」。

開会あいさつで、大西武雄・日本ハイパーサーミア学会理事長が「二人に一人ががんになり、三人に一人ががんで死んでいく時代を迎えた。がんは環境、遺伝、感染などによって発生するが、たばこを吸わないことと食生活の工夫でかなりのがんが防げる」と述べた。

続いて、眸羚臣・医療法人康仁会西の京病院理事長があいさつ。「日本人の死因別死亡率を見ると、1980年以降、がんが右肩上がりで増えて1位を占めている。部位別死亡率では、男性は肺・気管支、胃、大腸、肝臓が多く、前立腺がんも増えている。女性では大腸、肺・気管支、膵臓が多く、特に乳がんが増えている。前立腺がんや乳がんの増加は、日本人の食生活の変化が大きく影響していると考えられる」

さらに、6人の専門家による特別講演とパネルディスカッションが行われ、参加者から寄せられた質問にも答えた。

特別講演
  「がん難民にならないために」

京都府立医科大学名誉教授
千春会ハイパーサーミアクリニック院長
近藤 元治

 

 
  「ハイパーサーミア治療とは」

医療法人康仁会西の京病院院長
櫻井 隆久

 

 
 

「PET検査について−保険適用が拡大された新しいがん検査法」

医療法人康仁会メディカルプラザ薬師西の京PETセンター長
尾辻 秀章

 

 
 

「ハイパーサーミア−がんの根治・再発・緩和医療までの応用」

九州大学名誉教授
原三信病院放射線科顧問
寺嶋 廣美

 

 
 

「行消化器がんの集学的治療−とくに温熱療法と免疫療法の実際について」

京都府立医科大学准教授
古倉 聡

 

 
 

「あきらめるのは早い。まだまだあるぞがん治療」

名古屋前立腺センター温熱・免疫療法研究所所長
上田 公介

 
 
「パネルディスカッション・質疑応答
 

・座長
 眸罅々臣氏(医療法人康仁会西の京病院理事長)

・パネリスト
 近藤元治/櫻井隆久/尾辻秀章/寺嶋廣美/古倉 聡/上田公介    

 
   

前のページ
第29回日本ハイパーサーミア学会・市民公開講座を開催
コンテンツのトップ 次のページ
ハイパーサーミア 最新がん治療の選択 ■特別講演「がん難民にならないために」
メニュー