毎日健康サロン がん治療ウェブフォーラム ホーム がん治療のフロントランナー 注目のドクターたち ハイパーサーミア がん温熱治療 がん治療最前線
がん治療最前線
  ハイパーサーミア(がん温熱治療)  
   
 

  「一人ひとりを見つめたがん治療:免疫細胞療法と温熱療法」
  
−2008年11月29日開催−
  毎日健康サロン市民公開講座「がん治療最前線」を東京都で開催。

 
  会場
   

「一人ひとりを見つめたがん治療 免疫細胞療法と温熱療法(ハイパーサーミア)」をテーマに、毎日健康サロン市民公開講座「がん治療最前線」(毎日新聞大阪開発、樹状細胞免疫療法懇話会主催、東京女子医科大消化器病センター、医療法人社団ビオセラ会ビオセラクリニック、ジェー・ビー・セラピュティクス蟠力)が11月29日、東京都港区の虎ノ門パストラルホテルであり、約420人が参加した。人の免疫メカニズムを利用した免疫細胞療法と温熱療法の併用効果やがん治療の最新情報などについて、4人の専門家による講演があった。また、参加者からの質問に答える形で、樹状細胞免疫療法懇話会世話人を務めるビオセラクリニックの谷川啓司院長を座長に、パネルディスカッションも行われ、「末期がんや手術不能ながんに効果があるのか」「がん治療を行う際の家族と当人の心構えについて教えてほしい」など、切実な声に答えた。

基調講演
  「いま見直されるべき、がん治療」(一人ひとりを見つめた、がん治療の重要性)
東京女子医科大学名誉教授
高崎 健
 
 
特別講演
  「がん免疫療法の現状と未来
福岡がん総合クリニック院長
九州大学医学研究院非常勤講師
森崎 隆
 
       
  「がんの治療における温熱療法、免疫療法」
大阪ガン免疫化学療法センター院長
元大阪大学医学部講師
武田 力
 
       
  「免疫細胞療法、温熱療法を含めた総合的ながん治療戦略」
ビオセラクリニック院長
東京女子医科大学非常勤講
谷川啓司
 
 
パネルディスカッション・質疑応答
 

・座長
 谷川啓司

・パネリスト
 森崎 隆
 武田 力
 
 バレンチナ・オスタペンコ
氏(ビオセラクリニックハイパーサーミア部長)
 大野 智氏(金沢大学大学院補完代替医療学講座特任准教授)

 
       
  パネルディスカッション  
       
   

前のページ
パネルディスカッション
コンテンツのトップ 次のページ
いま見直されるべき、がん治療
メニュー